「自分や家族の安全や満足のための整備」「他人に迷惑をかけないための整備」それら法定点検などに対応できます

他のトップクオリタリフォーム

①自分や家族の安全や満足のための整備

車検時はご予算もあると思います。
やると決める必要はありませんが、やりたい事をこの際お話頂きます。
エアコンのフィルター、洗車、清掃、ブレーキの利き具合、オイル類(燃費)、冷却水、ヘッドライトの曇り、カーナビ、ドライブレコーダー、錆の修理、コーティング、防錆、ワイパー、ガラスの撥水などなど、そもそもそちら方面の方が得意な「車体整備」ですから、お話を聞いておきます。
 
こういった事を法定点検や継続検査(車検)だけではなく、普段からお引き受けしています。
とりそろえは「安く車検をやるためのそれなりのもの」つまり業者に売れるモノではなく、「耐久性と機能が良いもの。無駄のないもの。」と、、むしろ業者には珍しくお客様には良いモノです。

やりたい事にお見積りを出しておきますから、自分や家族のためのご注文をしたいものだけしてください。
押し売りは致しません。

②法定点検

法定点検は道路運送車両第48条(定期点検整備)により規定されている義務です。
受けなかった場合の罰則規定はありません。
「法定点検を受けない」には2種類あります
①最も多いのは、ユーザーが知らずに(もしくは罰則が無い事を知っていて)受検していない事が多い12ヶ月点検。
②次いで多いのは、継続検査(車検)を安く済ませる時に、ユーザー車検、代行車検、指定工場車検問わず、陸運支局で検査をしない場合に実際の点検を行わない事例です。
指定工場車検の場合は、自分で24ヶ月点検をして、国の代わりに自分で「継続検査」するため性善説運用となっています。
対して認証工場は、国の検査は国の陸運支局に持ち込むため少し手数料が増えますが、「お金だけもらってやらない」「やらないで安く車検をする」という事ができません、
やらずにある程度お金を貰って安く継続検査をする事を「空車検」などと言ったりします。
いずれにしても、やらないという事は、国が定めた安全基準を満たさない整備不良状況となっていきますので、カーライフの不満足や愛車の耐久性について、後で安く継続検査した以上の損をする事につながる事がほとんどです。
12ヶ月点検と24ヶ月点検では、点検項目の差がありますが、点検項目を見てどこが点検されるのか位は知っておいて損はありません。 
24ヶ月点検は車検と同時に行うのが指定工場になります。
くまばんでは、12ヶ月点検も24ヶ月点検も、結果票を出す事よりも、お客様に「修理しなければ成らない」「理由は述べて修理した方が良い」「今後修理が必要になる」「点検上大丈夫ですがカーライフの満足が損なわれるので報告しておく」というように、車両を前に説明しています。(他人に迷惑をかけないための整備としてお選び頂きます)
「継続検査」をご希望の場合も、弊社の場合これはこれで行い、この結果を使ってお客様と車検を別に契約します。
また車検別契約の弊社の強みは、24ヶ月「錆」に対してです。
弊社は24ヶ月点検項目以外の「錆」の点検も同時に行いますので、法定点検費用が若干他店よりも高額になっております。
12ヶ月点検では必要な場合のみ追加料金で点検しています。
一般的には、車検として注文を受けてしまっているので、車検に通す目的で技術も知識もない車検などの整備士が錆を隠してしまいます。
弊社は車検別契約ですから、点検で発覚した錆をどうするかお客様に提案してから選んでもらいます。
そうして車検までの納期も含めて契約します。

③他人に迷惑をかけないための整備

12ヶ月法定点検や24ヶ月法定点検をすると、安全性に関わる劣化が判明する事があります。
お客様に事前説明をした「修理しなければ成らない」「理由は述べて修理した方が良い」「今後修理が必要になる」「点検上大丈夫ですがカーライフの満足が損なわれるので報告しておく」などの提案をもとにお話をして整備します。

④継続検査(車検)

車検は正式名称を「継続検査」と言います。
これは国が定める自動車検査制度、で自動車の「安全確保」と「公害防止」等の保安基準に従って、人に迷惑をかけない車であるように行う検査のことです
そもそも24カ月点検結果に不具合があれば合格しません。
弊社は認証工場ですので、通常陸運支局での車検を受けます。

⑤国に治めるお金の回収代行

車検の時に限り、車検費用のほとんどとはなりますが、重量税と自賠責保険も修理工場が回収いたします。

くまばんのインフォームドコンセント車検

流れは
①を聞いておいて、見積をお知らせする。
②の錆を主体にした法定点検前点検をして、大きく修理代がかかりそうな部分のみ明らかにしお客様にその結果を知ってもらいます。(この時点で錆が多く車検を断念する事も可能です)
その結果「提携検査場」つまり指定工場に次からの法定点検と継続検査に委託する場合があります。
できるだけ安く得意分野ごとに活躍する結果になるようにします。弊社は特に料金を頂きませんし、紹介先を値切りませんのでご安心ください。
③法定点検結果をお知らせし、「他人に迷惑をかけない整備」と「自分や家族の安全や満足のための整備」をご予算に応じてお選び頂き、総額のご契約となります。
ご注文通りに作業をして、④の継続検査をして⑤を含めた契約代金と御引替えで納車します。

つまり①から③の確定が2日、継続検査と掃除片づけに1日の計3日間は最低ただいております。







 

メカ二カル整備

決める基準 BONDIC 撥水ガラス加工 JAZZ TEAM @set クオパ最高高性能オイルA・S・H コスパ最高丁度いい性能と耐久性の国産タイヤ クオパ最高万能掃除ペースト コスパ最高丁度いい性能と耐久性の中古部品リビルト部品 セルフコート 冷却水PG55 話題の愛車の洋服ラバーディップ!

数ある破損車両修理事業者の中で、弊社HPをご覧いただきありがとうございます