世界では消費のあり方に変革が起きています

大量消費、使い捨て、安物社会は、幸せな社会ではない。
という結論が出ているのではないでしょうか?
その社会は、私から見て、選択の自由がなく、情が消え、労力も使い捨て、物も捨て、金を捨て、優しさや家族まで捨てたように感じます。
捨てなければ貧乏になり、捨てれば金という褒美があるような社会の中でも、まだまだ声を出さない「使命」で汗を流す場を選ぶ戦士が沢山いるように感じます。
戦わなければ、子供や孫の未来を捨てる事になる気がします。

そんな社会情勢でも、世界は資本力の真理ではなく、汗かくものの真理に向け、舵を切っています。
我、誇り高いこのにっぽんも、舵を切って頂きたい。

修理して大切に使う方が、経済は発展する。
使い捨て社会は、資本力だけが発展する。
修理は、汗に対価が周り、使い捨ては周らない。
そんな感じだと思います。

マレーシアは、明日から消費税廃止、スエーデンは、使い捨て社会から政策で脱却。
日本は、行政が世界政治に遅れているような気がします。

スエーデンのの事例

数ある破損車両修理事業者の中で、弊社HPをご覧いただきありがとうございます