《青森-宮城》一泊二日コース

予定と実際のスポット

宮城総合運動公園(ローラーすべり台)
宮城総合車両基地
塩竈神社
御番所公園(ローラー滑り台)
ホテルさか井
鮎川港 
金華山
まんが館
登米教育資料館
長沼フートピア公園(ローラー滑り台)

工程コンセプト

娘が道中寝る時間、トイレの予定される時間、ご飯を食べる時間、これが効率よくめぐり合うように計画!

道中

当初予定は水物。
(1日目)弘前6時発!→岩手山(トイレと軽い朝食)→紫波SA(トイレおやつ)利府しらかし台→宮城総合運動公園(ロング滑り台)→宮城総合車両基地→塩竈神社→まんが館(昼食)→さか井
(2日目)さか井→鮎川港→金華山→鮎川港→石巻まんが館→弘前
の6時出発予定でしたが・・・・
だいたい妻が準備で遅れるため♪内心7時で良いように予定♪
そしたら、予想を上回る実査8時に成ったので、道中相談して予定変更を協調するはめに・・・
結論として反省もあったので推奨ルートを最後に♪

実際は、2時間遅れを取り戻すのと、トイレのタミングと食事のタイミングがボロボロで(笑)、畑PAでトイレ(あと少しの岩手さんで朝食とトイレ予定)のみと長者原PAでほぼ昼食(公園で遊んでパンでピクニック!これはこれで楽しかったですがトイレのみ丁度よく予定でした)になり、夕飯のためにその後中途半端に食べるのは控えました。
(1日目)弘前→利府しらかし台(手前でトイレと昼食)→宮城総合車両基地→塩竈神社→さか井
(2日目)さか井→鮎川港→サンファンビレッジ→登米教育資料館→弘前

【宮城総合車両基地】
60688730_408229496687821_4753925980832137216_n.jpg60716596_185750125652745_6914653658705559552_n.jpg60688729_342454949806756_4478561441208598528_n.jpg60644034_811293285908431_4281094427079868416_n.jpg
思いっきりお昼寝したため、母たんと娘は元気百倍!
父たん元気0.5倍・・・
5歳位までの子供にはちょうど良い規模かと思います。
そんなに楽しいの?ってくらい、何度も満足いくまで遊び方を変えて周っていました。
基地まつりがあるようで、その時は奥の奥まで入り込めるようです。

【おなじみ塩竈神社】
60826773_812090272490784_7724414818324578304_n.jpg60622099_1546556082141106_633928565775138816_n.jpg
御縁を感じ、感謝をささげに年2回はお参りしています。
僕は我欲を我慢できるのであまりお金は使わないので、娘の行事ごとに初穂玉ぐし捧げております。
どういう訳か、いつも代表で玉ぐしをささげるのですが、その瞬間奥から気持ちのいい風が毎回吹きつけてくる不思議は夫婦で話しています。
ここはきっと、昔のディズニーランドのようなアミューズメント施設のような位置づけだったのではないでしょうか?
汚れの無い子供は大喜びで走り回ります。
はとから逃げる遊び。
流行の「純令和」ポーズなど想像力豊かに遊びます。
参拝は、祈りか絵馬です。
何を祈るかといえば、無事の感謝、更にガンバル決意、前回から今回までに見た世の不正を言いつける事です。
絵馬に社会問題級の不正を実名で書いた事もありました(笑)
罰が軽いうちに、神様の前で言えないような、人の嘘の悪口をいいふらしたり、義務責任を他力本願にせず自ら反省せよと。
神様も巫女様も参拝者も中には、関係者も見ますね(笑)
これは正直者にしかできない技です♪
嘘つきが神様の前でこれやったら罰が当たります。

【ホテルさか井】
60857143_376848176288971_6848070911019450368_n.jpg60749846_680088149088633_1650268924958212096_n.jpg
塩竈様を出てからここまで、ほとんど熟睡の母娘。
津軽地域ではデカイ「怪獣さかい」が蔓延していますが、そうではない小さい方のホテルさか井です。
内陸の天気とうって変って小雨の中、16時少し前に到着

★ここで反省ポイント
鮎川港から金華山への渡航船があるのですが、お金に困らなくなる神社ですので、お金の事は気にせず、行けるなら明日と言わず、余裕があるなら今行くべきです。


2日目
【鮎川港】
朝いちばんで予定していた金華山。
前日イケてたのですが、この日は波が高く欠航に成ってしまいました。
これも御縁ということで、ホテルの部屋の窓から丁寧に道中無事のお礼をして、空いた時間で「サンファンビレッジ」に。
念のため鮎川港に寄り「シードリーム」さんで欠航確認。
乗る予定だった船とクーたん。
60905454_332363284079330_682283691300356096_n.jpg
すると乗ってもいないのに、わざわざ寄ってくれたと見た目怖そうで粗雑そうなお兄さんが・・・・
60552305_2314866608579851_8094536193447821312_n.jpg
せっかく寄ってくれたんだから!と缶詰とお茶2本くれました。
さっそく、これからお金に困らない感触を実感♪
移動中海を見ながら大歓声で少しお昼寝

【サンファンビレッジ】
現在船は老朽化のため立ち入りできず大人は残念でしたが、中にあった3Dの体験シアターで子どもは満足。
そしてなにより、三歳くらいであれば、この船は海賊船として通用しますので「ヨーホーヨーホー俺たち海賊」という想定で楽しめます。
60601048_1967528750018626_6638074888877768704_n.jpg
60658956_424828721398762_2388027723818729472_n.jpg
中に海賊がいるという想定で、静かにお利口にしている様子

【登米教育資料館】
60536204_468124950625437_7070314775435018240_n.jpg
60882433_641695472967936_7750125480400912384_n.jpg
61042168_385916372017254_449894057569681408_n.jpg
急にお姉さんになる娘。
早く学校行きたいらしいです。

お昼ご飯は!
60955238_2146698528955697_2007608589077708800_n.jpg
登米名代
油麩丼
なかなか食べごたえあり。


★反省ポイント
ルート逆が良かったかも。
ローラーすべり台は三か所にあります。
今回は市浦で滑った直後だった事と、出発時間が大幅に遅れた事でどこも行きませんでしたが・・・

【という訳で推奨ルート】
6時(弘前)→若柳金成経由10時長沼フートピア11時→11時半登米油麩丼食べて遊ぶ13時→14時サンファンビレッジ14時半→15時半鮎川港(金華山観光で欠航の場合翌朝)17時→17時半さか井
10時さか井→11時石巻で昼食まで12時半→14時塩竈様14時半→18時自宅

このルートにしておくと次のメリットがあります。
行き一般道が多く、帰り有料道路が多くて疲れない。

ご予算

出発日土日
大人2名幼児1名
有料道路とガソリン別
総額60,000円でおつり来てました

 

数ある破損車両修理事業者の中で、弊社HPをご覧いただきありがとうございます