令和最初の車体損傷資格店大予想

令和に変わると思うこと(予言?)
監督省庁がビックデータを活用すると、今まで気が付かなかった事にも気が付いてしまう。
つまり、国民の不利益に対しては、そもそも論に沿った調整が入る。

車体損傷修理は
① 各々の店で競争された「品質、価格、料金精算方法と時期、納期」が明確な契約になる。
② 他人の保険金権利を代理した交渉と代理合意ができなくなる。

自動車損害保険は
「売り方」
① 通販系自動車損害保険が販売できなくなる。
② 事前の「保険金額品質(計算式等)提示」が義務化される。

「納品のしかた」
① 保険販売店の「具体的事前品質説明」と「納品責任」が問われる。
② 修理屋に義務責任転嫁できなくなる。

通販系販売中止の理由
一般商取引常識では、「商品」の「陳列」と「価格提示」と「お会計」は販売店が行う。
つまり数十年間継続した現在の「修理推測契約入庫」「見積提示」は、保険契約と関係のない「修理工場」が行う、売り手が自己完結できない他力本願な方法がとられているが、特に保険契約にその方法が書かれてある訳でもなくて、そもそも正式な方法という訳でもないのは確実です。
つまり保険契約者は、当然の権利として正式な一般商取引常識に沿う事になる。
価格提示して代金を受け取る契約書を書いた保険販売店(代理店など)が、販売時点で陳列(提示)していない品質(保険金の額)と納期(請求から払われるまでの日数など)を販売者責任による義務として計算式根拠といっしょに「後陳列」する事になる。
それらを行うために必要な「調査」の目的で「調査業務目的入庫」をしてもらい「保険金額を保険契約通り計算」し、「いついくら払う」を「陳列(提示)」する正式な方法が基本となると思います。

数ある破損車両修理事業者の中で、弊社HPをご覧いただきありがとうございます