キズのパテ隠しや放置絶対ダメ!

まず様々な方面の被害があった先の震災について、天に昇った魂を追悼し、物理的、経済的見えにくい被害を被った東北全域のこれからを創る生きる魂に「僕も頑張るから皆さんも頑張ろう」と申し上げます。

修理修繕不可能だと決まって流され行く皆さまの愛車の映像は、職業柄私の記憶に深く刻まれています。
愛車を大切にして長く付き合う。
今から30年前の自動車雑誌には、愛車を持つという事は、廃車になるまで車を買ったのと同じ位の額が、維持管理にかかる。
と書いてありました。

現代社会は、車を買う時も維持管理する時も燃費ランニングコストも、費用を抑えようとする傾向が強すぎると思います。
いずれにしても「通勤道具」と愛車に役割を与えているユーザーさんが半数くらいいるようですが、一度考えて下さい。本当にそうでしょうか?
僕はお客様や保険屋さんが「通勤道具」だと言っても、ユーザーさんの本心として「通勤道具」に違いないと感じた事が無いのです。
本当に通勤道具なら、地域社会は最も優れた通勤道具の軽トラばかりに成っているはずです。

耐久性と心の快適性(安心安全)を犠牲にしてまで、確率論で心配しながら送るカーライフではありませんか?

さて月曜日。
愛車の気持ちを考えるウイークにしてみませんか?

ハッピーカーライフ!

数ある破損車両修理事業者の中で、弊社HPをご覧いただきありがとうございます