コミュニケーションの方法を考える

人間としての色々な相手との社会生活は、コミュニケーションをとりながら営みます。

これは気持ちよくコミュニケーションが取れた方がいいですし、コミュニケーションの方法もたくさん持っていた方がいいことになります。

ビジネスの現場でも、実はコミュニケーションツールが沢山販売されていたり方法化されていたりします。

我々でいえば、お客様個人とコミュニケーションをとるツールとしては、WEB、ブログ、SNS、電話、メールなどがあります。
その他お客様本人との中間に代行を介した、入庫誘導組織、仕組みなどがあったりします。

基本的に契約に着地するのは会話になります。
これは家庭においても、たくさんあるに越した事はないです。

コミュニケーションは、まず発する人がいて、受ける人がいるというのが基本となります。
発する人の話が始まる前に文句を言ったり否定したりすると、そのコミュニケーション方法は使えなくなります。
良く相手の話を聞いてから意見を言うというのが基本的なコミュニケーションになります。

それを間違えて、個人的先入観優先で発する人に反発すると、発した人は当然「めんどくさい」「自分に利がない」と思い、そのコミュニケーション方法を反発した人には二度と使わなくなります。

そうやって発する人に反発していくと、最後にはコミュニケーションの方法がなくなります。

そうなると、そのお客様や友人は二度とコミュニケーションが取れなくなります。

コミュニケ―ションを取らずに勝手に意思決定して相手に強要するのもいけません。相手は聞いてくれなくなります。

つまり。
コミュニケーションは、発する人の「おかげ」で成立するのですから、「おかげ様」の気持ちでそれを壊さないようにしつつ、良く話を聞いてから意見だったり文句だったりを返すようにし、仮に「おかげ様」なく、コミュニケーションを壊したら、ごめんなさいをしない限り、コミュニケーションは改善する事はありませんので。
今あるコミュニケーションをとる事ができる方法や仕組みは、必要ならば大事にしましょうね。というお話でした。

商売だったらお客様と「縁が」切れます。
社会生活だったら友人と「縁が」切れます。
家族生活だったら家族と「縁が」切れます。

コミュニケーションをとる事も大事ですが、限られたコミュニケーションツールや方法という資源も大事して、相手の気持ちに立ってみて、お客様と長いお付き合いができる会社にしていきたいものです。

★写真写真は、PPプラスチックと、それが接着できない接着剤を「固定」というコミュニケーションの方法で接着した概念画像です。
「固定」というこコミュニケーション方法が無ければ、そもそも接着しません。​

決める基準 BONDIC 撥水ガラス加工 JAZZ TEAM @set クオパ最高高性能オイルA・S・H コスパ最高丁度いい性能と耐久性の国産タイヤ クオパ最高万能掃除ペースト コスパ最高丁度いい性能と耐久性の中古部品リビルト部品 セルフコート 冷却水PG55 話題の愛車の洋服ラバーディップ!

数ある破損車両修理事業者の中で、弊社HPをご覧いただきありがとうございます