冷静に落ち着いてはどうか

修理屋がダメだ、保険屋がダメだ。
と、僕から見ると、保険屋さんも、保険契約者さんも、修理発注者さんも、修理屋さんも、推測で好き勝手な事言っておりますが。
何度も言っておりますが、原点と根本に立ち返って、一度落ち着いてはどうか?
保険契約者や修理発注者に落ち度はないとしても、ダメな原因があるかもしれない。
だって無知なんだもの。

契約済みの保険金を請求したとして。
修理契約したとして。
という2つの推測に基づいて、してもいないのに権利の事ばかり「交渉」するというのは、何の権限に基づいてそもそも交渉してるんだ?
推測の域にすぎない権利でしょ?
と思いませんか?
結局、後になって払われると思っていた保険金を請求しても払われない(巷でいう払い渋りや不払い)
結局、後になって修理注文するとかしないとか、あーすればよかったとか、こんなんじゃなかったとか(保険実務の失敗のゴミ箱に成っている車体整備事業者)
と、保険会社だけ不利益を被らない「不利益発生装置」ではなかろうか?

契約済みの保険金を請求しないとして。(契約相手保険会社は喜び保険料が安くなっていく)
修理契約しないとしいて。(無駄な労力経費が不要になって修理代が安く成っていく)
と推測する方法があってもいいんじゃない?

 

決める基準 BONDIC 撥水ガラス加工 JAZZ TEAM @set クオパ最高高性能オイルA・S・H コスパ最高丁度いい性能と耐久性の国産タイヤ クオパ最高万能掃除ペースト コスパ最高丁度いい性能と耐久性の中古部品リビルト部品 セルフコート 冷却水PG55 話題の愛車の洋服ラバーディップ!

数ある破損車両修理事業者の中で、弊社HPをご覧いただきありがとうございます