見積講習(笑)

理屈はもう聞きたくないので根本的な事で見積講習(笑)

修理代の見積って「お客様の注文」があるから「修理代」です。
日本全国、事故直後に事故車を見て、勝手に見積をしていますが、注文聞いて書いてるとしたら・・・
お客様に「今すぐ注文しろ」と誘導しているようなものです。

特に保険会社にお任せなんかしたら「注文もしていないのに修理が終わっちゃった」なんて事が多発しているようですね。
昔みたいに、お客様がほぼほぼ確実に保険金請求し、潤沢な保険金で出来るだけ最大限「直前の状態に復旧する」事を目指す時代じゃないんですよね今は。
少ない保険金や予算で、保険料の値上がりと比較しながら、どちらがお得かで「修理注文」する時代なんです。
だってしょうがないじゃない。保険の方がそうなんだから。

お客様のお金をいかに満足度高く使って頂くかが重要です。
つまり「お客さんの注文を良く理解しましょう。」
という見積講習でした(笑)
ここまで。

追伸
客観的見積書を出し合って紛争の末協定する。
つまり、修理工場の目的は修理代高くする事で、保険側の目的が保険金安くする事で、お客様には全く関係のない、「お客様の注文もない」誰にとって優れているか知りませんが、そういう見積の話しじぁなくてごめんなさいね(笑)

アジャスターマニュアルは、お客様の注文関係のない見積方法が書かれていますね。
文字通りアジャスター用で、修理契約にその理屈を使っちゃいけませんよね。
講習した時、大部分が勝手に修理代の事に変換しちゃってね。

修理契約に指数を使う場合は指数テーブルマニュアルにルールがありますね。
特に何も書いてないので、そもそもレバーレートは自由ですね。
お客様に単に高いと思われないように、品質と価格のバランスを考えないといけませんよね。
これはお客様の注文で使用しますね。

修理契約に指数を使わない場合について、組合関係は年々無視ですよね(笑)
​「お客様の注文が無い見積書」だから、修理しない人間が書けるんですよね。
しかし理屈をつけて注文があるとは言えるかもしれませんが「お客様が自分で決めた注文がある見積書」これは、修理をする職人しか書けません。
「お客様の注文」お互いとっても楽しい見積書。

決める基準 BONDIC 撥水ガラス加工 JAZZ TEAM @set クオパ最高高性能オイルA・S・H コスパ最高丁度いい性能と耐久性の国産タイヤ クオパ最高万能掃除ペースト コスパ最高丁度いい性能と耐久性の中古部品リビルト部品 セルフコート 冷却水PG55 話題の愛車の洋服ラバーディップ!

数ある破損車両修理事業者の中で、弊社HPをご覧いただきありがとうございます